*

薄毛

傍目にも分かるほどM字ハゲに

傍目にも分かるほどM字ハゲになってしまったです。聞いて下さい。

フサフサした髪の毛を思い切り掻き上げてみたい、シャンプーしている時に思い切り頭をゴシゴシしたい、外出先で気兼ねなく帽子を取ってみたい等々、私の頭髪に対する思いには果てしないものがあります。

四十代の坂を越えるまでは、フサフサした黒髪が頭全体を覆っていた筈なのに、いつの間にか気が付くと、生え際が薄くなり始め、抜け毛も次第に多くなり始め、四十代も後半を迎える頃には、とうとう傍目にも分かるほどM字ハゲになってしまいました。

そして、五十の坂を越えてからは、頭頂部の辺りもハゲ始め、将来的にはM字ハゲからさらに、今度はO字ハゲになってしまう恐れがでてきてしまいました。

このままでは果てしない思いを達成することなく、棺桶に入らなくてはいけない状態に陥ってしまうという危機感が、私を育毛への苦しくも意味のある戦いへ導いてくれたのでした。

それからは、濃密育毛剤BUBKAやリアップ、はたまたプロペシア等の育毛剤。

そして、モンゴ流シャンプーとかウーマシャンプー、そしてアルガンK2シャンプーに至るまで育毛シャンプーも色々と試しています。

それなりにM字ハゲに効果が出る商品もあれば、期待外れの商品もあったりと、一喜一憂しながらも、私の頭髪に対する果てしなき夢を達成するために、日々格闘しています。

今度は、m字はげ治療に挑戦しようかと思っています。