*

ニキビ

30代のニキビは洗顔料で解決

30代のニキビは洗顔料で解決しましょうという記事です。

20代の頃は、ニキビもすっかりなくなってきれいな肌だったのに、30代になった途端にまたポツポツとニキビが出来るようになりました。

できると痛いし、治ったと思ったらまた繰り返すニキビにイライラしていたのですが、お化粧をしないで済ませたくても、仕事に出かける場合にすっぴんというわけにはいきません。

ニキビが痛かったため、何かできないかと考えて色々調べたのですが、ニキビ対策には何よりも洗顔を頑張らなければならない、ということが分かりました。

しかも、ゴシゴシ洗うのではなく、泡の力で優しく洗うことがポイントだと知り、これまで使っていた化粧品をやめて、ニキビ対策用の洗顔料を使うことにしました。

洗顔料をふんわりと泡立ててから泡の力でやさしく洗うようにした結果、肌からだんだんとニキビが消えてきましたし、くすんでいて化粧をしていても顔色が悪く見えていたのに、肌も若々しい感じになりました。

洗顔料を変えただけで効果が出てきたことに喜びを感じています。

ファーストフラッシュでニキビを洗顔する効果と使い方はこちら

洗顔の頻度を増やすことによってニキビ肌を改善

洗顔の頻度を増やすことによってニキビ肌を改善できたんですよ。

毎朝、決まって顔を洗っていました。

にもかかわらず、私は長年ニキビに悩まされていたので、どうしたものかと思い悩んでいたときのことです。

職場の同僚から、私の洗顔の頻度が少ないことを指摘されました。

彼女曰く、一日に三回は洗顔しなければニキビ肌を改善できないとのことです。

他に頼れる情報がありませんでしたので、洗顔の頻度を増やすことに注力しようと考えました。

結果として、現在の私の顔にはニキビが一つもできていません。

何か特別な洗顔フォームを使う必要があるのかを同僚に質問したところ、水道水のみで十分とのことでした。

ニキビに悩まされている肌であれば、薬品を使うと余計に炎症を助長してしまう可能性があるらしいです。

ニキビに効く洗顔料おすすめランキングなら、こちらへ

また、洗顔後の顔は水分を一滴も残さないようにする必要もあると教えてもらいました。

顔に付着した水分が空気に触れることによって、雑菌の繁殖を助けてしまうとのことです。

これらに気を付けながら洗顔の頻度を増やしたら、ニキビ肌を改善できました。